トップの高さを出すためには?(ゴルフ体操編) 

こんにちは! ゴルフスタジオfトレーナーの干場です。

皆様はゴルフを始める前にストレッチや体操を行っていますか? 体操を行うだけでもスイングが改善されることがあります。

今回はその中でもトップの高さを出すために必要な体操を ご紹介させて頂きます。

まずは何が原因でトップが低くなるのかを説明します。 トップの高さに関係する筋肉は首、肩、肩甲骨周り、胸、背中の筋肉です。 特に肩甲骨周りの筋肉の柔軟性はとても重要です。

今挙げた部位の筋肉が硬くなることによって可動域に制限がかかり 思ったところまでトップが上がっていないという事が起きます。

トップが低くなると飛距離が低下するのはもちろん、 弾道の高さ不足や長いクラブの振り遅れに繋がってしまいます。

この悩みを解消するのはレッスンでも行っている体操です!!

cimg0962

この体操は肩甲骨周りの筋肉を動かしやすくします。 左右でゆっくり5秒ずつ伸ばしたら、交互に10回動かします。 ポイントはしっかりと肩甲骨を動かすことです。 肘が頭の後ろまでくるとベストです!

他にも様々な体操がありますので もっと知りたい方は是非体験レッスンへお越しください!
  • なぜ、StudioFは一流のゴルファーや経営者に支持されるのか?ファンクショナルゴルフシステムについて

リンクLINK

  • ファンクショナルゴルフトレーナー養成講座
  • 最新ボディコンディショニング情報